原状回復工事をする必要性|借りたものは綺麗にして返そう

賃貸物件には必要

室内

特徴の把握が大切です

賃貸物件を借りて退去するときに必要になってくるのが現状復帰です。実際に住んでいた借り主が退去の際に現状復帰を行う義務があるとされています。しかし、具体的にどこまでを行うのかということを理解しているかどうかは非常に曖昧な部分も多いのが事実です。実際には経年劣化などによる消耗に関しては物件を貸している側に復帰の義務があります。実際に借り主が行う必要がある部分については故意や過失で傷つけたりした部分の復帰ということになります。もちろん壁などのクロスなどは明らかに傷がついていたりした場合には借り主の義務になります。その辺りのことはしっかりと賃貸人と借り主の間で確認しておくことが大切です。認識の不一致があることはトラブルの原因になります。

入居者の義務です

賃貸住宅に入居の場合には借り主は退去時に現状復帰を行う義務があります。実際には通常の利用の範囲内であれば借り主には復帰の義務は発生しないということになります。しかし実際には自然に消耗したのか故意によるものなのかがはっきりしない場合もあります。そういうこともあって最近では現状復帰に関するガイドラインが作成されています。もちろんガイドライン通りにしなければいけないということはないですが、賃貸主と借り主の間の認識が違うことによってトラブルが起こることになるので事前にガイドラインを確認しておくことでそれを防ぐことが出来ます。実際には当事者同士でしっかりと話し会うことが大切です。ガイドラインでは修繕の必要あるかどうかでランクを設けています。そういうものを利用することも有効です。