原状回復工事をする必要性|借りたものは綺麗にして返そう

賃貸物件には必要

室内

賃貸物件などを借りた場合に借り主には退去時に現状復帰を行う義務があります。しかし、実際に借り主が復帰を行う必要がある部分は故意や過失などで傷などをつけてしまった部分です。経年劣化などは賃貸主の方に復帰の義務があります。トラブルを防ぐ為にガイドラインを利用することも有効です。

詳細を確認する

賃貸住宅の退去をするとき

作業者

賃貸住宅を借りる場合には、住宅を退去するときに借り主に現状回復義務が伴います。もし現状回復をしないまま退去した場合、敷金からお金が引かれるだけでなく、別途請求が来ます。リフォームをする場合は、すぐに戻せる範囲内で行うなら問題ありません。

詳細を確認する

比較して選びましょう

女の人

貸テナントから退去する際には、原状復帰をする必要があります。その際に選択する業者は、一括見積もりサイトにより見つけられるでしょう。複数の業者の見積もりを同時に確認できるので便利です。見積もりサイトを利用して、さらにいくつかの業者に現地調査を依頼すると、依頼先を絞り込むことが出来るでしょう。

詳細を確認する

退去時に必要な費用とは

男性女性

クリーニングの相場は

賃貸物件を借りているなら、退去する際に原状回復工事を行う必要が出てきます。基本的には敷金などから引かれることが多い原状回復工事費用ですが、状態によって料金は変化します。またオーナーの意向などによっても原状回復工事の費用が高くなることがありますので、相場を知っておくことが大切です。原状回復工事には部屋のクリーニング代などが含まれますので、部屋を出る時に必ず必要になってきます。住んでいる間に部屋が汚れることや、内部の設備が壊れることもあります。部屋内のクリーニング費用としては数万円程度が一般的てすが、その他にも直さなければならない箇所が出てきた場合に原状回復工事費用が上乗せされることになるのです。

業者選びはオーナーに

賃貸物件の場合、部屋を退去すれば新しい住人を探すことになります。その場合、水回りや壁紙などリフォームが必要になることも多くなっています。特に長く住んでいた部屋を退去する時には、さまざまな箇所に汚れが発生しています。オーナーはその部屋を次の人に貸せる程度まで回復させなければならないため、クリーニング費用は大きくなるのです。もちろん安く原状回復工事を依頼できる会社は多数あるので、できるだけコストを下げるために多くの業者を比較することは大切です。この原状回復工事を行う業者の選定はオーナーが行うことになるため、借りている側が決定することはできません。ですのでコストを下げて原状回復工事をしたい場合には、借りる前に指定業者などを知っておく必要もあるのです。